sikaku-soldierのブログ

資格取得を趣味とする中年サラリーマンの記録

政府の成長戦略には、司法書士も税理士も居ない?

昨日のニュースでは、会社設立に民間クラウド

を活用する案が検討段階に入るとのこと‥


なんでも、クラウド業者のサイトに必要な情報

を入力するだけで、法務局や税務署への届出を

まとめて代行してくれるらしいです。


政府が進める、役所のオンライン化と同時並行

的な動きなんですかね。


関係する士業団体は、当然反対するでしょう

が、今の政権は圧倒的多数を確保しています

から、やると決めれば、十中八九、決まるで

しょう。


もう、紙とハンコの時代じゃ無いんですね。

AI、オンライン、そしてクラウドがあれば、

生身の人間が出る幕はありません。


でも、資格の必要性が低下すれば、難易度も

一緒に下がる可能性もあるので、これから

資格を目指す人にとっては、メリットがある

かも知れません。


ただし、その資格で食べていけるかは別問題

ですけどね。


もっとも、合格通知が目的の資格マニアには、

食えるかどうかなんて、さして重要な問題では

無いのかも知れませんが‥‥

何が生まれる?巨大タマゴ

うちのインコさんは、よくタマゴを産みます。

独り身なので、当然、無精卵なんですが、

先日、これまでに無い、超巨大卵を産み

落としました。

しかも、一気に2個!!



左のタマゴは、その数日後に産んだ、通常

サイズのタマゴなんですが、ニワトリと

ダチョウくらい、大きさに違いがあります。


色も、ウズラのタマゴみたいな茶褐色ですが、

これも初めてのことです。

人間の世界だったら、父親は白人なにの、

黒人の赤ん坊が生まれるようなもので、

揉めること必至です。


当事者であるインコさんは、涼しい顔して

ますが、よく、こんな大きいの捻り出した

もんです。



インコは、タマゴを産むと寿命が縮むと

聞いたことがあるので、あまり産んで

欲しく無いのですが、こんなにデカイ

卵を産んで、どれだけ、寿命が縮んだこと

かと心配です。


しかし、もし、このタマゴが孵ったら

どんな生き物が出てくるものか、見て

見たい気持ちもあるので、素敵な

お婿さん候補がいたら、連絡ください。

森の猫さんに出会った

昼休みの散歩が日課です。


職場は、人里からちょっと離れた自然

豊かなロケーションにあるのですが、

ある日の散歩中、森の中で、猫さんに

出会いました。


まだ肌寒い四月上旬だったので、

日向ぼっこしていたのかもしれませんが、

近ずいても逃げようとしません。

前は人に飼われてたのかな?

随分と痩せているようでしたが、今も

元気に生きてるか、ちょっと心配。



昨日の散歩中、突然、目の前の茂みから、

《ガサガサ》ッと何か飛び出して来て

ちょっとビックリ。


見ると、猫が獲物を捕まえようと夢中な

様子。

狩を邪魔しちゃ悪いので、あまり近くに

行きませんでしたが、獲物は何だったの

でしょう?

ひょっとするとモグラだったかも。



野良猫嫌いの人もいるでしょうが、こういう

姿を見ると応援したくなります。


いつか、リアルに「森の熊さん」歌う日が

来そうですが、昼の散歩は楽しいです。