sikaku-soldierのブログ

資格取得を趣味とする中年サラリーマンの記録

僕の資格道。 終着点は「あの」資格?

もう、資格取得はいいかなぁと思う今日この頃。
しかし、やり切った感が無く、ついつい次の資格
を模索してしまう…


先ずは、過去に諦めた資格のリベンジを考える。
〇税理士→もう電卓使う勉強はイヤ。難しいよね。
〇日商簿記1級→電卓嫌い。数字が嫌い。
〇中小企業診断士→経済学とか、今さらやる気なし。


という訳で、数字とは切っても切れないビジネス系
資格は、モチベーションや能力の面で無理そうです。


となると、残るは法律系資格ってことになる訳ですが、
最高峰はやっぱり司法試験。
でも、さすがにこれは無理。
能力も金も時間もありません。


となると、次の候補は司法書士?


いいね。司法書士。
難しいのは百も承知ですよ。
でも、やってみよう。
とりあえず、来年の民法、不登法、会社法、商登法
の択一で6割目指して頑張るわ。


そして、このブログは長い放置状態に突入です。
読んでくれた皆さん、ありがとう。
お互い頑張っていきましょう。



20年の軌跡・・・全部捨てました

思い起こせば社労士の勉強を始めたのが平成9年。
それから20年なんですね。


その間、サラリーマンを続けながら、結婚、子育て、
離婚…と季節はいろいろ巡りました。


近いうちに、永年住んだ今の家を出ることになったので、
荷物の整理を始めたら、資格関連のテキストや問題集が
たくさん出てきて苦笑い。


社労士、第一種衛生管理者、行政書士、宅建、
管理業務主任者、マンション管理士、
全経簿記能力検定1級、TOEIO765、FP1級。
これらは結果、クリアー出来た。


そして、税理士、日商簿記検定1級、中小企業診断士、
司法書士関連の書籍もチラホラ。
この資格は諦めたんだね。過去のボク。


結局、資格関連書籍は全部捨てました。(古いしね)


しかーし! なぜか淋しい……


明日あたり、書店の資格コーナーでも見に行こうかな。